むるこダイアリー

元保育士の雑記帳

園見学で見るポイント


こんにちは。むるこです。
幼稚園・保育園検討の際、園見学に行くことがあるとおもいます。
今日は、そんな時どんな所を見たらいいかのポイントを考えてみたいと思います。

保育園までの道のり

実際に通うことになったらどのように行くかを確認した方がいいと思います。
子どもと歩いて危険そうな所はないか(危険そうであれば違うルートはあるか)
車の人は駐車場が何台分停められるか、停めさや渋滞することはないか。 

保育士の人数・子どもの人数

保育士一人に対して一定の基準を満たしているか。
ちなみに、0〜2歳児は、人数が少ないほど全体が見やすいです。

(例)
0才児は子ども3人に対して保育士1人
子ども12人を保育士4人で見るより子ども6人を保育士2人で見る方が落ち着いています。
また幼児クラスも子ども25人を先生2人で見るより子ども10人を先生1人で見たほうが保育しやすいです。

一時保育の受け入れをされている保育園は、一時保育のお部屋があるのか・一時保育担当の先生がいるのかなど確認しておくといいかもしれません。(クラスに入り、一時保育の子に保育士一人が手を取られることも…)

 

一時保育のバタバタはこちら↓

muruko.com

 

部屋の広さ

子どもたちがのびのびと活動できる広さがあるか。
おもちゃの取り合い・場所の取り合いなど起こりやすいので、十分な広さがあるかが大事です。

保育士同士の関係

先輩保育士は、どのように後輩保育士に話しているのか。
生き生きと働いているか。
保育士の人間関係は、保育に影響します。

清潔さ

掃除や玩具消毒はしっかりしてあるか。
伝染性胃腸炎など、消毒が頻繁でないとすぐに広まります。
設備なども大事ですが、清潔かもチェックしてみてください。

荷物置き場

小さい子だと、ベビーカーや抱っこひもなど、保育園に置いて仕事に行きたいと思うこともあるかもしれません。
お迎えまで置いておける場所はあるかなど確認してみて下さい。
また、布団はシーツのみ持ってくるのか(布団を毎週持っていくところもある)オムツは、持ち帰りなのかなど聞いてみるといいと思います。(徒歩や自転車だと荷物が大変になります)

【保育園】仕事が休みでも預けられるか

仕事が休みでも基本時間なら預かれる保育園・お休みをお願いされる保育園と対応が様々です。

リフレッシュも視野に入れているなら、確認してみると良いと思います。

 

 必ず出てくる《仕事が休みなら…》の問題はこちら↓

muruko.com

 

番外編

見学のポイントで、子どもの表情や保育士の様子など言われることも多いですが…
見学者がいて、愛想のない保育士はいませんし、子どもは大抵楽しそうです(笑)
なので、園見学とは別に日常の様子を見てみるのがおすすめです。

外から自由遊びの様子を見てみる。

じーっと見てはいけません!保育園も不審者対応は徹底してるので、声をかけられるかもしれません(笑)
さりげなーく通りながら、ちらっと覗いてください。

乳児クラス(0〜2歳児)

保育士との関わりが大事で、遊具などもまだ危険な時期です。
子どもに寄り添っているかを見てみてください。
一人ひとりに合わせて対応していると、子どもも好きなことを見つけて楽しめます。

幼児クラス

この年齢になると子ども同士で遊ぶことが増えます。
保育士も、遊びにのんびりと入れることもあれば、今日は落ち着かないな・怪我しそうだなと言うときは全体が見える位置に立って見守ることもあります。

なので見るポイントは、遊びの様子よりも、入室や行事の練習などの言葉掛け。
子どもの為を思って、わかりやすい言葉で伝えているか等見てみるといいと思います。

運動会や発表会

未就園児として招待されることもあるかと思います。
そんな時に見るべきは、競技の完成度!
大人が見ても【すごい!】と思う園は、練習が過酷です…
終わった後、ものすごく感動する親御さんと「もう練習しなくていいんだー」と解放されたような子どもとのギャップが今でも忘れられません。

装飾も豪華なら、保育士は相当頑張って作ってるはず。
練習に作り物に…といろいろ追われると保育もピリピリしたものになりがちです。

あとは、毎年恒例のものがある場合。
《大きなクラスになったらやりたいな》と子ども心をくすぐる程度なら素敵なんですが…
目玉はこれです!と言わんばかりのものだと大変。
兄弟を持つ保護者からは、「今年は…」とお話を頂き、他の先生からもアドバイスという名のプレッシャー…
子どもの成長を発表する場のはずが、逆に《去年のレベルまでは指導していかなきゃ》という目標があっての指導になり子どもにとっていいことなのか…

もちろん、それが大好きな子にとっては《練習は楽しくて仕方ない!もっとやりたい!》となります。
保育士も、これで団結力や協調性を伸ばすんだと信念を持っていたり、作り物大好きというパワフルな方もいらっしゃるので一概には言えませんが…

見る機会があったら、そんな視点からも観察してみて下さい。

まとめ 

園見学も少しの時間しかなく子どもを連れて行くとのんびり見れないことがあります。
ポイントを絞って見てみると実りのある園見学になると思います。
もし行かれる方は頑張ってくださいね☺

少しでも参考になれば、嬉しいです。

お読み頂きありがとうございました。

 

保育園で面接がある方はこちらを参考に↓

muruko.com

 

入園前までにやること↓ 

muruko.com

muruko.com

muruko.com